読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鈴木社長と佐藤部長・毎日更新雑談ブログ

企業を2人で0から始めます‼JM.on(ジェーエムオン)と言う会社です。Twitterもやっています!@jmon2017 【youtube】に動画投稿しています!

鈴木です。趣向変えて、映画の話。 日本で1999年公開『π(パイ)』

こんにちは、鈴木です。

マイナーな映画の紹介です。

f:id:JMON:20170127113911j:plain

π(パイ)と言う映画で、

 1998年に低予算で作成された映画です。

 何より一番の特徴が、この90年代映画なのに最初~最後まで白黒映画なんです。

 

 私が見たのが15年くらい前、当時中学生の私は3~4回くらい見返さないと

 理解できない複雑な内容でした。

 まだ子供なので理解力に乏しかったのかもしれませんね・・・

 

覚えていいる範囲で、ストーリー・見どころ紹介(間違えているかもしれません)

 主人公は自分で作ったスーパーコンピューターで株式市場を計算・研究していた。

 ある日世界のすべての物事に法則があると気づき始める。

 周りの人と付き合いはなるべくせず、研究に没頭する。

 216桁の数字がはじき出され、そこから体調に変化が頭痛がひどくなっていき

 幻覚・幻聴も彼に襲いかかります。

 そしてその数字を追及していくとたちまちスーパーコンピューターは故障

 その後、付き合いのある証券会社に助けを求めたり、

  宗教団体と出会ったりし、最初は馬鹿にされるが結局みなに

  天才として狙われる展開に・・・・・・

 

  さてそのあとどうなるかは、映画をみてからのお楽しみです。

 おそらくネットで調べれば、詳細は出てくると思いますが、見てもらいたいですね!

 

 ※見どころは、表現が複雑で幻覚なのか現実なのか、見ていると

  私はわからなくなっていました。

  天才と呼ばれる人には、常人にはできない悩みや苦痛を表現している

  映画と私はそう理解して見ていました。

 

 初めて見るには抵抗のある映画かもしれませんね・・

 

 すこし映画について語ってみました。

 貴重なお時間に
最後まで目を通して頂きありがとう御座います。
では失礼致します!