鈴木社長と佐藤部長・毎日更新雑談ブログ

企業を2人で0から始めます‼JM.on(ジェーエムオン)と言う会社です。Twitterもやっています!@jmon2017 【youtube】に動画投稿しています!

トランスフォームする海外のオモチャ!!お土産に!インテリアに!

こんばんは鈴木です。

今日は、変形する海外のオモチャのご紹介です!

私たちJM.onに関係する物ではございませんが、

今後変わった物も取り扱って行きたいと意思も込めて

ご紹介させていただきます。

 

以前海外に旅行に行った時に、

『私の車がオモチャになっている!』っと

思い購入した物です。

こちらですね!!

f:id:JMON:20170215222217j:plain

変形後の全貌は最後まで取っておきます。

見比べて見てもこのオモチャ私の車にそっくりですよね??

f:id:JMON:20170215221258j:plain

 

箱も捨ててしまっているので商品名もわかりませんね。

すみません。

こちらはグアムで購入した物で、

記憶が正しければ、40$位の値段です。

日本円で4000円くらいでしょうか。

 

実際に変形させて遊んでみましょう!!

 

まず全体を見てみましょう。こちらが車からロボットになります。

f:id:JMON:20170215221521j:plain

細部まで作ってあるので現在部屋に飾っています。

すこしホコリもかぶってしまってますが・・

f:id:JMON:20170215221517j:plain

前から見ても似てますね。

f:id:JMON:20170215221512j:plain

反対の側面です!

f:id:JMON:20170215221507j:plain

後ろです。少し見えていますが中もちゃんと作ってあります。

f:id:JMON:20170215221500j:plain

ハンドルも椅子も細かく再現していますね。左ハンドルな所が違いますね。

ハンドルを押す事が出来て、『プップー』っとクラクションが鳴ります。

 

それでは変形させます!

1、まずドアを両方開けます。

f:id:JMON:20170215221447j:plain

 

2、ドアの下の部分を後ろに折り畳みます。

f:id:JMON:20170215221426j:plain

 

3、後ろのエンジンフードを上げて、左右の後輪を横に引っ張ると

真ん中から真っ二つになります。

f:id:JMON:20170215221419j:plain

 

4、すると上が取れます。

f:id:JMON:20170215221413j:plain

 

5、後輪を後ろに引っ張ると伸びます。

こちらが足になります。

f:id:JMON:20170215221408j:plain

 

6、後輪部分をひねり、足の裏を作ります。

f:id:JMON:20170215221402j:plain

 

7、足の付け根になる部分からひねると

足が反転してこのようになります。こちらで足は完成です。

f:id:JMON:20170215221356j:plain

 

8、ボンネットの下に腕が隠されています。

下から引っ張り出します。

f:id:JMON:20170215221350j:plain

 

9、腕と前輪は一体になっています。

伸ばして行くとこの様になります。

f:id:JMON:20170215221346j:plain

 

10、フロントガラスを抑えながらボンネットを下に折り畳みます。

f:id:JMON:20170215221342j:plain

 

11、立ち上がらせます。

細かな調整を行います。

f:id:JMON:20170215221339j:plain

 

12、完成です!!

f:id:JMON:20170215221334j:plain

 

完全にロボットですね。

f:id:JMON:20170215221328j:plain

なぜか余った後ろのエンジンフードは盾になります、

しかしうまく持たせる事ができませんでした。

f:id:JMON:20170215221324j:plain

 

感想ですが、

海外だからこそできるクオリティー

日本で実在する物に近い商品をモデルに販売は

おそらくできないですよね。

でも面白いです。

 

お土産に私はいくつか買ってきました。

友人にプレゼントした所、当時小さな弟さんがいらっしゃいまして

ずっと遊んでいたそうです。

嬉しかったですね。

何種類かありましたが、ずいぶん前の話なので

もう販売していないかもしれませんね。

 

今回は以上でございます。

 

貴重なお時間に
最後まで目を通して頂き
ありがとう御座います。
では失礼します!