読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鈴木社長と佐藤部長・毎日更新雑談ブログ

企業を2人で0から始めます‼JM.on(ジェーエムオン)と言う会社です。Twitterもやっています!@jmon2017 【youtube】に動画投稿しています!

どんな自動車を選びますか?事故車の考え方

こんばんは鈴木です。

取り扱い商品の一つに自動車を考えているとお話致しましたが

どんな車が有ったら選びやすいでしょうか?

 

 

やっぱり安心して乗れる車が必要ですよね!!

そのほかにもカスタムして乗りたい

キレイに乗りたい

錆が無いもの・・・事故歴のないもの・・・

 

第一条件に無事故車両

が欲しいと言う方はかなり多いと思いますが、

実はこの事故歴にはからくりがあるんです。

f:id:JMON:20170307215205j:plain

 

事故車と聞くと、激しい事故を起こした車両のイメージが強いですよね?

例えばバックで、ちょっと電柱にぶつけても事故歴がついてしまう事も多いのです!

っと言う事は全く問題ない物も多く存在します。

 

自動車の事故歴の考えかたですが、衝突したから事故歴がつくわけでは無いのです。

 

主にフレームと言われる自動車の骨格にあたる部分の修理や交換が

あった場合を指します。

人間に例えると骨ですね。

骨にヒビが入ったり、折れたり、欠けたりすると事故です!

 

皮膚や肉は、車に例えると、見える部分ほとんどですね!

フレームは、部品を外さないと見る事はできないので当然なんです。

なので、バンパーが割れたり、ドアやボディにへこみがあっても事故歴は付かないのです。

 

なので皆さんが自動車屋さんで車を見たとき、『キレイなボディの車だ!』っと

思っても実はすごい事故を起こしてフレームはぐちゃぐちゃの可能性も考えられます。

 

逆に、事故歴がついていても先ほどもお話致しましたが、少しぶつけてフレームが少しだけ傷がついて直しただけっと言う事も有り。

必ずしも全て使えない物とは限りませんよ!

 

もし事故歴がある車でも、プロの方にどの程度修復歴なのか確認できるのであれば

確認した方が良いでしょうね!

ちらほら話で聞くのは事故歴を隠して販売する業者さんもいる見たいなので気を付けましょう。

 

特例ですが、特定の部品を外した経歴があるだけで事故扱いのケースもあるので、

全く事故の経歴が無い物も沢山存在していますよ!

 

事故歴がある車(フレーム事故)の弊害

ここまでは、事故歴は問題ないケースも多いとお話致しましたが、

なぜフレームに修理があるとだめなのか?っと言う疑問が生まれると思います。

それは・・・

人間は、骨折した所は完治すると強度が増します。

でも・・・

自動車は強度が落ちます。次の事故で重大な破損につながる可能性もあります。

又は、完全に修復できない場合も有り。この場合はまっすぐ車が走らないなどの弊害・後遺症が残っている車両もあります。

上記の通りです。

あと気持ち的に嫌だと言う方もいらっしゃるとおもいます。

 

しかし

上記のような状態で販売されている車があるとすると

全損事故・半壊事故などの重大事故を起こした車両を修復して販売していると

しか考えられません。

なぜ私がここまで言い切れるかと申しますと、実際に自動車業界で

メカニックとして勤めていた経歴が有り、さらに営業経験もあるので

経験上のお話ですがこのケースが有力だと考えております。

 

なぜ販売に至ったか?ですが

●相当思い入れがあった車両を直しながら乗っていたオーナーが最終的に手放した車両。

 

●板金屋さんなので格安で手に入った事故車両を直し販売

 

などの理由でしょう。

 

自動車選びは近くにいる詳しい方と一緒に探すか・・・

私、鈴木にご相談下さい(笑

 

本日は以上です。

ありがとうございました。