読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鈴木社長と佐藤部長・毎日更新雑談ブログ

企業を2人で0から始めます‼JM.on(ジェーエムオン)と言う会社です。Twitterもやっています!@jmon2017 【youtube】に動画投稿しています!

北海道・旭川が舞台の小説「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」

その他の話

佐藤です。

何度もお伝えしている通り、私は北海道旭川市に住んでいます。

以前は神奈川県相模原市に住んでいたのですが、相模原がよく映画やドラマ、漫画、アニメの舞台になっているのをよく見ました。

東京に近いだけあって、物語にリアリティを出すために選ばれがちの街なのでしょう。

物語上はとくに相模原であることを言わないことが多いのですが、どうみても自分が住んでいる街の風景が出てくるとワクワクしましたね。

相模原はよく物語の舞台になるのですが、旭川が舞台の物語はあまりありません。

最も有名なのは旭出身の小説家、三浦綾子の「氷点」ですね。

立川談志が咄家の番組を作ることになり、「今、流行ってる氷点にあやかろう」と番組タイトルを「笑点」にしたのは有名ですね。

 

氷点(上) (角川文庫)

氷点(上) (角川文庫)

 
氷点(下) (角川文庫)

氷点(下) (角川文庫)

 

 また、最近は旭川で撮影した映画「ホコリと幻想」は旭川市内で話題になりました。

 

ホコリと幻想 [DVD]

ホコリと幻想 [DVD]

 

 先月は旭川市内のいろんな場所で映画を撮影している様子が目撃されてツイッターが盛り上がっていました。

しかし、旭川って北海道の中でも地味な街のせいか、なかなか物語の舞台になることはありません。

そんな中、旭川が舞台の長編ミステリーシリーズ小説が登場しました。

北海道在住の小説家、太田紫織先生の「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」です。

骨格標本師の女性・櫻子さんと高校生の少年・正太郎が旭川を舞台に事件を解決していくというミステリー小説です。

 

 大ベストセラーとなり、今も続くシリーズとなっています。

2015年にはアニメ化、漫画化もしました。

 

 

 

 アニメを見ましたが、普段私の住む旭川の風景がそのまんま登場するので興奮しましたね。

ロケハンをしっかりやっているな、と。

ストーリーもしっかりのめり込めるミステリーでした。

残念なのが、旭川が舞台なのに

旭川市内ではあまり話題にならなかったことですね。

もう閉店してしまいましたが、西武旭川店では櫻子さんのシーン解説をした展示コーナーがあったのですが…

 

そんな中、今年の4月からフジテレビで日曜夜九時からドラマになるようです!

 櫻子さんの足下には死体が埋まっている - フジテレビ

残念ながら旭川で撮影しているという話はないので旭川は関係なくなってしまうかもしれませんが、

それでもこれをきっかけに旭川市内でも櫻子さんが話題になり、

また、これで旭川がさらに全国的に有名になればと思いますね。