鈴木社長と佐藤部長・毎日更新雑談ブログ

企業を2人で0から始めます‼JM.on(ジェーエムオン)と言う会社です。Twitterもやっています!@jmon2017 【youtube】に動画投稿しています!

誰でもできる簡単洗車!『疎水効果』ってご存知ですか?

こんばんは鈴木です!

普段自動車を洗車していますか?そしてどのようにしていますか?

私は元整備士と言う事もあって自身で日ごろメンテナンスから洗車まで行って

おりますが・・・・

 

 

普段からそんな時間が無いと言う方は、洗ってないのではないでしょうか?

でも問題ありません!

自動車は金属とその上に塗装をされていますが、実は沢山洗車をすると洗わないより

傷が多くついてしまいます。

実際、暗い色の自動車は手で軽く触れただけでも小傷は付いてしまうのが分かります。

常に洗車していると、塗装がボロボロになります。

そして実は日差しが強い日も洗車には適してはいません。

なぜなら、日光で水が乾きやすく水アカになりやすいのと、塗装は日光に弱いのです。

じゃあどうしたらいいんだと言う話ですが・・・

 

コーティングをしよう!!

ベストは、新車購入時・自動車のボディ磨き時に『コーティング』を行う事を

おススメします。

あくまでベストな状態が上記の書いた物で、それ以外で施工しても効果はありますよ!!

様々なコーティング剤は沢山ありますが、一度コーティングした後簡単にメンテナンスのできる物が良いでしょう。

 例えばこちら

 長期間効果が期待できます!そして何より、撥水効果ではなく『疎水効果』があると言う事です。

最近では『疎水効果』のあるコーティングが注目されています。

撥水とは何が違うのか?

撥水は簡単に言うと油性効果です。油の上の水が乗れば弾きますよね?

しかし、油はボディから効果がなくなるのが早く、水玉が上に乗るので水アカになりやすいのです。

休日のお父さんが自動車にワックスをかけていますがまさに油ですね。

一方『疎水』とは?水が浸透してしっとりする感じです。

人間でいえばお肌がつるつる状態ですね。

水が伸びる感じになりますが、流れて水玉ができにくく水アカが残りません。

そして水性の溶剤を使用している商品が多くボディを痛めません。

 

なぜ油性のコーティング剤・ワックスより良いのか?

油は日光熱でボディの温度が上昇し、必要以上に塗装面を痛めたり、色褪せたりする原因につながる恐れがある為です。

 

他にも似た効果のある商品はいくつもあるので、探して見るのも面白いですよ!!

 

 

そしてせっかくコーティングするなら傷のつかない布も用意しましょう。

通常のタオルだと繊維が固く傷つけてしまいます。

 マイクロファイバー製が安心できますよ!

Amazonベーシック マイクロファイバー クリーニングクロス 24枚入

Amazonベーシック マイクロファイバー クリーニングクロス 24枚入

 

 

以上をふまえて!!

洗車するなら、朝か夕方の時間帯が良いでしょう。

そしてワックス効果の無いシャンプーを利用しましょう!

 脱脂などできる業務用の物もあります!

通常の安いシャンプーでも問題無いと思います。

シャンプー利用時は車用スポンジは必ず使用しましょう!

 

 洗い終わったら素早く、水をふき取ります!その時はセームタオルでしっかり水気を取り除きましょう!!

 こちらですね!

uni [ ユニ ] 合成セーム革 ユニセーム

uni [ ユニ ] 合成セーム革 ユニセーム

 
Amazonベーシック セームドライタオル (2枚組)

Amazonベーシック セームドライタオル (2枚組)

 

 ついにここで『コーティング』を行います。

完了できればその後は簡単メンテナンスですね!

効果が長い物であれば、汚れた時・気が向いた時に軽く水洗いで汚れは落ちます。

そしてボディはピカピカに保てます!!

 

私の持論ですが、効果の長い物でも1年に一度くらいは『コーティング』してあげた方が良い気がしますね!

参考になったでしょうか?

楽しく洗車をしてみましょう!!

以上でございます。