鈴木社長と佐藤部長・毎日更新雑談ブログ

企業を2人で0から始めます‼JM.on(ジェーエムオン)と言う会社です。Twitterもやっています!@jmon2017 【youtube】に動画投稿しています!

キタキツネは可愛い?死ぬかもしれない「エキノコックス」に注意

佐藤です。

f:id:JMON:20170329103728p:plain

北海道といえば、「北の国から」などの影響で野生のキタキツネを連想する方が多いようです。

北海道に旅行に来る方は、よく野生のキタキツネを見ると餌をあげようとしたり、撫でようとして近づこうとします。

それは、生死にかかわる危険な行為です。北海道の野生生物には絶対に近寄らないでください!

北海道人は、子供の頃から、野生のキツネなどの動物を見ても絶対に近寄らないように教わります。

野生のキツネは非常に危険だと教え込まれるので、北海道人で「キツネを可愛い」と思う人はいません。

とても危険!エキノコックス

なぜ北海道人はそこまでキツネを忌み嫌うのか。

それは、北海道独特の病気エキノコックス症」にあります。

エキノコックスという寄生虫が北海道に生存しており、北海道に生息する多くの野生のキツネに寄生していると言われています。

このエキノコックス、動物だけでなく人間にも寄生してしまいます。

もしエキノコックスが寄生している野生のキツネを触ってしまうと、手指を介して人間にも寄生してしまう可能性が大です。(エキノコックスは目に見えないので、知らないうちに寄生します。)

人間に寄生した場合、その潜伏期間は5~10年ほどと言われており、自覚症状もありません。

エキノコックスは主に肝臓に寄生しますので、潜伏期間が過ぎてお腹の不快感を覚えたりなどの肝機能障害が出た頃には手遅れ。その頃には肺や脳に移転し、最悪の場合死に至ると言われています。

北海道旅行の際は要注意!

北海道は札幌のような市街地でもキツネを見る事が多いです。

ですので、北海道人は子供の頃から親や学校で口が酸っぱくなるほど「キツネには絶対近づくな」と言われて育ち、エキノコックスの怖さも知っているのでキツネを見ても近寄ろうとはしません。

しかし、北海道に観光で来る人にはあまり知られていないのが事実です。

エキノコックスは北海道にしか生息しない寄生虫なので、知らないのも無理はありません。

しかし、テレビや映画などの影響で「北海道=キタキツネ」、「キツネは可愛い」という印象の人が多く、観光地にいくとそこに現れたキツネを触ろうとする人をよく見ます。

周りに北海道在住の人がいれば注意ができますが、もしそこにエキノコックスのことを知る人が誰一人いなかったとしたら・・・。

もし、北海道の自然が多い場所に行く人がいたら、エキノコックスのことについてはよく調べてから行くことをオススメします。

キツネの他にもエキノコックスが寄生する野生動物がいるとされ、外で飼っている犬にも寄生することがあるようです。

ですので、北海道で犬を飼う人は定期的にエキノコックスの検診をしています。

野生動物以外にもエキノコックス感染の危険

じゃあ北海道で野生動物を触らなければいいのかというと、そうでもありません。

湧き水や井戸水などの生水にもエキノコックスの危険性がありますし、

野山の山菜などにもエキノコックスの危険性があります。

エキノコックスは熱に弱いので、食べる場合は十分な加熱が必要です。

エキノコックスに感染したかもしれない場合

北海道では今でも年間20人ほどエキノコックスの患者が見つかると言われています。

もし、北海道で野生のキツネを触ってしまったり、「もしかしてエキノコックスに感染してしまったのでは」と不安になった場合は、北海道の保健所に問い合わせる必要があります。

といっても、そんな不安にならないように、北海道に訪れた際は無理に野生動物に近寄らないのが一番です。