読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鈴木社長と佐藤部長・毎日更新雑談ブログ

企業を2人で0から始めます‼JM.on(ジェーエムオン)と言う会社です。Twitterもやっています!@jmon2017 【youtube】に動画投稿しています!

【お取り寄せグルメ】北海道の春の和菓子、「べこ餅」

食べ物の話 北海道

佐藤です。

桜餅の季節ですね。

私の住む北海道では、桜餅とよくセットで「べこ餅」という餅が売っています。

主に5月の端午の節句に食べるもので、柏餅的な存在です。

f:id:JMON:20170301200828p:plain

葉っぱの形をしており、白い餅と黒糖味の餅がハーフになっています。

見た目が白黒で牛のように見えるため、北国で牛を表す方言「べこ」をつけて

べこ餅と呼ばれています。

私はこれが全国区で食べられているものだと思い込んでおり、

北海道から上京した際に売っているお店がなくてショックを受けたことがあります。

桜餅を見ると、どうしても一緒に食べたくなるのです。

食べたことのない人は、一度試してみてはいかがでしょう。

 

【小樽 野島製菓】べこ餅黒糖 12個入り

【小樽 野島製菓】べこ餅黒糖 12個入り

 

 ネット通販でも購入できるので、ぜひお取り寄せしてみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに、桜餅と一言で言っても

地域によってイメージするものは違うようです。

「長明寺」と「道明寺」の二つにわかれ、

長明寺は皮に餡が包まれたもの、

f:id:JMON:20170301202054p:plain

道明寺はおはぎのような見た目のものです。

f:id:JMON:20170301202113p:plain

長明寺が主に関東、道明寺は主に関西で広まっているそうです。

あなたの地域ではどちらの桜餅ですか?

私の住む北海道は、なぜか関西の道明寺が主流です。

北海道で生活すると、道明寺の桜餅とべこ餅を食べると春の訪れを感じますね。